日本の様々な建築様式を見る

世界には、様々な建築様式があり、人類が道具を発見してから、建築がはじまったとも言えるでしょう。
もちろん、日本においても、様々な建築様式があり、有史の前から建築物が存在していたと言えます。
洞窟に近いような横穴式住居を抜け出し、木々を組み立て竪穴式住居を作り出してから、建築の歴史が始まったとみなすことができます。
そうして、日本においてなら、飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、戦国時代、江戸時代と、その時々で様々な建築物を構築してきました。
明治維新後は、近代建築の時代に入り、木々のみでなく、コンクリート造りが始まり、西洋の建築様式を取り入れました。
最近では、ポストモダン建築も日本で造られるようになり、建築が人間の思考に影響を及ぼしてもいます。
これからも、ますます新しい建築様式が誕生して行くことは間違いのないことでしょう。

建築の仕方も様々と言っていいですが、大規模なものになれば、まずは、建築家のコンセプトが形作られ、そうして、図面を作成し、工期を決め、実際の建築へと到ります。
現在では、一般住宅においても、建築家が参加することがあり、そういう住宅を注文住宅と呼んでいます。
色々にな変化に富んだ形をし、個人主義の世の中であることを、ある意味象徴してもいることでしょう。
けれども、そういう建築は、一日で完成したものではありません。
長い歴史の過程の中で刻まれたものゆえの結果であり、様々な人間の出来事と同様、既存のものがあってこそ、それを否定することができ、そうして、新しいものが生まれると言えるでしょう。

ここでは、日本の様々な建築様式の中から、独断と偏見で、代表的なものを選んでいます。
多少なりとも、歴史的なものが並んでいますが、日本の建築史においても、概要を説明しています。
このサイトが、皆さんのお役に立つようであれば、非常にうれしい限りです。

はじめての転職をお考えの方へ
「はじめての転職安心サポートガイド」サイトでは、応募書類の書き方など役立つ情報が満載です